カテゴリー: 定期更新型ゲーム

新作定期更新型ネットゲーム『mosaïque(モザイク)』の告知アカウントが登場

プレイヤーは神々に《モザイク板》を奉納するためにとある島の神殿へやってきた「祈願者」。天地創造の神話に倣い、32日をかけて《モザイク板》を作るためのタイルを集め、神々に奉納する。

戦闘は存在せず、《モザイク板》を作るための「タイル選び」や、3日に1回やってくる行商人相手の「買い物」、島の「散策」をしながら、他の祈願者と交流し、《モザイク板》奉納の準備を進める。ゲームの開始時期などはまだ未定。

「七月戦役」敵名を「霧戦争」参加者より募集

「霧のひと」GMにより開発が進められている定期更新型ネットゲーム「七月戦役(七戦)」。このゲームは同GMによる定期更新型ネットゲーム「Mist of War(霧戦争)」の1000年後を舞台としている。10月11日、GMのTwitterにて、過去の霧戦争参加者から、未識別機動体(敵)の名前として使用できる名前の募集が行われた。霧戦争は「ウォーハイドラ」と呼ばれるロボットをパーツを組み合わせて自分の機体を作り、「ハイドラライダー」として戦場を駆けるゲームだった。募集定員は30名強の予定とのこと。

なお、過去のインタビューによると、「四畳半魔王城(四城半)」の時代から「ゼロの城砦(ゼロ城)」までが500年、「ゼロ城」から「霧戦争」の時代までで2700年程度が経過しているとのことだった。

キャラクター投稿対戦ゲーム「試行領域」が公開、11月1日締切予定

キャラクターを作成し、トーナメント形式で戦うキャラクター投稿対戦ゲーム「試行領域」は10月3日、第2回大会参加者の募集を開始した。第1回はクローズドテストとして行われており、現在その結果を閲覧することができる。

試行領域スクリーンショット
「試行領域」トップページのスクリーンショット

キャラクターにはアビリティやスキル、イラストやセリフが設定可能。戦闘は1対1で行われる。

連絡用Twitterアカウントは @trialarea

「Gremlins Gift」最終更新(第20回)

Gremlins Gift(グレムリンズ・ギフト、GsG)は9月19日(土)、最終更新となる第20回更新を公開した。最終戦闘は実質的にはイベント戦闘、エピローグとなる内容で、続編である七月戦役に繋がるシチュエーションでエンディングを迎えた。

「GsG」はGM霧のひとの処女作「Mist of War」の流れを汲む定期更新型ネットゲームで、パーツを組み上げて「グレムリン」と呼ばれる自分のロボットに乗り込み、戦場で戦う。20対20にもなる大人数戦闘が特徴。続編となる「七月戦役」は2021年7月に新規登録を開始予定。

GsG、”本番”は「七月戦役」と改称 12月7日初回更新予定

現在オープンテスト中の「Gremlins Gift」(グレムリンズ・ギフト、GsG)について、「七月戦役」と改称し、12月7日を本更新の第1回更新とする予定であることがGMより発表された。ルールブックは9月中に公開予定。

続きを読む

稼働期間21年!「アクア=エリアス」が終了

定期更新型ネットゲーム「アクア=エリアス」が8月15日、終了した。運営するサークル「いちごしとろん」のサイトによると、1999年2月11日が公開日。終了は約1年前、2019年8月10日に告知され、2019年8月28日には新規登録の受け付けを終了した。テストプレイから始まり、終了時は第3クール。2010年からは後継の「アクア=エリアス II リインカーネーション」が稼働している。アクアII開始からも10年経っている……だと……

続きを読む