カテゴリー: AP消費型ゲーム

「Stroll Green(ソラニワ)」GM、新作AP制ゲーム「Stella Board」を発表

ソラニワGMのヒサギ氏は新作ゲーム「Stella Board」を開発中であることをTwitterで発表した。2020年秋頃が公開目標で、約1ヶ月のプレイ期間を複数期実施する見込み。システムは現在公開中(3月31日終了予定)のソラニワに近くなる予定で、「タイプ」も踏襲される(庭師を除く)。今後の詳細や開催時期はGMのTwitter(@_soraniwa)でお知らせされる。

ホワイトデーフタハナ開催

2020年3月15日の未明より、「*フタハナ*」の新規登録が開始された。フタハナはバディとイチャイチャするAP消費型のサバイバルゲーム。今回は3日間の短期開催で、通常の2倍のAPが配布される。不具合によるリセット等も行われているため、最新情報はGMのTwitterを確認されたい。

「*フタハナ*」バレンタインデー(2/14)から実施予定

AP消費型のサバイバルゲーム「*フタハナ*」が2月14日から登録受付を開始する。無人島で他のキャラクターと殺し合い(※本当に死ぬ)、最後の2人を目指してのサバイバルを行う。バディ(相棒)との協力プレイが推奨されており、キャラクター同士が恋人のするような行動をすることで大きな効果を得ることができる。ゲームの実施は短期間(通常開催の場合7日)で、1時間ごとにAPが回復する。ハロウィン等のイベント時にも開催されることがあるが、今回は年2回予定の通常開催のうちの1回。

定期更新型ゲームリンク集更新:Story of Lost Artifact を追加

■定期更新型ゲームリンク集を更新

公開から大分時間が経過していますが、AP消費型ゲーム「Story of Lost Artifact(SoLA)」をリンク集に追加しました。自分は「SoLA」表記に慣れているのですが、副管理人さんは「ストロア」と呼んでいますね。「そぁ」と書く人も見るので略称に入れています。もし他の略称もありましたら、教えてください。

SoLAの世界観は王道ファンタジー。AP消費&連れ出し型で、これからの新規登録でも自分のペースで楽しむことが可能。チュートリアルもあり、ステータスのリセットも可能な親切設計。冒険者となって、アーティファクト探し、しませんか?

以下については今後追加予定です。

「Stroll Green」最終回更新~閉鎖までのスケジュールを告知

定期更新型ゲーム「Stroll Green」は、1月26日、第12回更新、第13回更新及びサイトクローズの予定日時を告知した。

第12回更新日時 2020年2月15日(土) 22:00以降(予定)
第13回更新日時(最終回) 2020年2月29日(土) 22:00以降(予定)
サイトクローズ 2020年3月31日(火) 23:59以降(予定)

本ゲームは第13回更新をもちまして定期更新部分は終了となります。

Stroll Green お知らせ 2020/01/26の対応内容 より

「Stroll Green」というゲームの内容については、是非昨日公開の寄稿記事「蛮族とお花と『Stroll Green』」をご覧いただきたい。定期更新部分の更新回数は残りわずかだが、AP消費型ゲームの特長である「リアルタイムでの交流」「AP消費による任意タイミングでの結果更新」によって、これからの新規参加でも庭園の散策を楽しめるだろう。

蛮族とお花と『Stroll Green』(寄稿)

画像9

この記事はつくもしきさん(リンク先Twitter)による寄稿です
ありがとうございます!!

■これお花育てるゲームなんですよ

定期更新ゲームはそのタイトルごとに様々な世界観を持ち、
そこに登録されたキャラクターは
何かしらの理由と手段を以て戦う事となります。

カードを用いたり、
異能を行使したり、
グレムリンに搭乗したり、
アーティファクトの力を借りたり、
バディと一緒に禍々しい双剣を振り回したり……

『Stroll Green』ではストロールフラワーという、
島の中でのみ特殊な力を持つ花を用いて戦う事になりますが、
ショップに売られているのは栽培キットと種であって
ゲーム内通貨により花を購入する事はできません。

したがって、花はプレイヤーが育てる必要があります。
普段は剣と盾を持って戦う人も、
この時ばかりはジョウロやスコップを持って花のお世話するわけですね。

育成画面

花を使用する事により新たなスキルが使えるようになる設計上、
一部例外(後述)を除いて花のお世話は必ず付きまとってきます。
一日一回支給されるAPを消費して、敵を倒しドロップアイテムを漁るか、
花壇をいじりに行くか、休憩して体調を整えるか
選択していくのがこのゲームにおける日常となります。

続きを読む