カテゴリー: インタビュー

制作者に聞いてみた -四本目の剣-

2018年8月に公開された「四本目の剣」(4thSword)の制作者である、ぶるくろ(bluecrow)氏(TwitterID:@bluecrow2)へインタビューを実施し、「四本目の剣」の制作・公開に至るまでの過程、次回作の構想についてうかがった。


――おはようございます。

ぶるくろ氏:おはようございます。

――それでは、まず初めに、ぶるくろさんご自身の紹介でしょうか。ぶるくろさんは「四本目の剣」の他、「組み立ての果てのヘレン」※1というボードゲームを制作していましたね。

画像はボードゲームである、「組み立ての果てのヘレン」の箱、外装である。硬質さが漂っている。

※1 2017年ゲームマーケットにて販売されたボードゲーム。 作品紹介へのリンク

ぶるくろ氏:はい。ぶるくろは15年くらいプログラマをやっています。ときどき趣味でアナログゲームを作ったりしています。「四本目の剣」も元はアナログゲームで、ルールだけが先行してある状態でした。そこで、一念発起して2018年のゴールデンウィークを生贄に捧げたのですが、デジタルゲーム化に挫折しました。

画像は「四本目の剣」公式サイトトップにある、剣士ギル、罪科持ち(ギルティー)のギルが4本の剣を操っているイメージイラストだ。4本の剣がタイトル通りでわかりやすい。

――ゴールデンウィーク……あの時のぶるくろさんは「結社」※2で日々進捗を上げるやる気の塊だった覚えがあります。

ぶるくろ氏:あれ?2017年の夏休みだったかな? まあ、なにはともあれ「シャドバ」※3のようなゲームにはならなかった形ですね。

※2 定期更新開発結社と呼ばれるディスコードの集まり。ぶるくろ氏はチャンネルを持っており、そこで日記のような制作のあれこれを書いていた
※3 シャドウバースは株式会社Cygamesのスマホ向けTCGである。

――「シャドウバース」、最近ではデジタルカードゲームの看板タイトルですね。なぜそうならなかったのでしょうか?やはり演出面ですかね?

ぶるくろ氏アニメーションしないデジタルゲームに未来は無いのか?に繋がるのですが、ゲーム業界に居たという方に聞いてみたところ、最近のゲームは動画が先にあり、その動画を元に素材を用意し、プログラマーがプログラミングする。という開発体制が多いのだそうです。一人でそれをやろうとして工数が足りなくなりました。
続きを読む