投稿者: rnosyuki

“支援特典”の定期更新型ゲーム「記銘駆動型閉鎖庭園デイドリーム・ミストピア」β版を実施

「記銘駆動型閉鎖庭園デイドリーム・ミストピア」(https://syspom.com/mystopia/)(以下、「記銘庭園」)を定期更新型ネットゲームリンク集に追加した。7月24日現在、β版プレイヤー募集は一旦終了している。

「デイドリーム・ミストピア」起動画面
「記銘駆動型閉鎖庭園デイドリーム・ミストピア」を起動した際の画面。

公式サイトに記載のジャンル名は「閉ざされた巨大地下庭園世界を生き抜く幻想SF系オンラインTRPG×プレイバイウェブ」。

続きを読む

「ソレナリの冒険録」にやり込み要素「ハテナシのダンジョン」が実装

6月27日、AP制ゲーム「ソレナリの冒険録」に、新規コンテンツ「ハテナシのダンジョン」が実装された。通常は街からアクセスできる地域でその都度他の冒険者とパーティを組み探検を繰り返すが、ハテナシのダンジョンでは、最初に選んだ7名と共にエンドレスダンジョンに挑み、戦闘で選べるのはうち5名となっている。

なお、このアップデートが「テスト期間最後のアップデート」と明記されている。今後、新トレードシステムの実装も予告されており、時期は明言されていないが、本稼働に向けて着々と準備が進んでいるようだ。

言語創作と創作世界(寄稿)

「ハロー、キミの名前は? ──素敵な響きだね。いったい、どんな意味なんだい?」
創作される世界の数だけ、いや、それ以上の数の「言語」があるはず。

この記事はCaibeR( @CaiberMAKISE )さんによる寄稿です。


はじめまして、CaibeR(かいばー)と申します。
この度Rの手記様に場所をお借りして、コラムを寄稿させていただくことになりました。
創作に関するネタを皆さまに提供できたらと思います。

さて、皆さんは「言語を作ってみよう!」と思ったことはありますか?
僕自身は「サージュコンチェルト」「アルトネリコ」といったゲームが好きで、またそれらの影響で作りたいと思ったことがありました。
そこで個人的に難しかったことは言語としての一貫性を作る事、文字そのものを作る事でした。
それでは筆者自身の言語創作の方法について説明していきたいと思います。

続きを読む
ページ :
1 2 3 4

「不奇跡世界はお散歩日和」がアップデート、PLによる「異世界創造」が可能に

エリアを散策する定期更新型ミニゲーム「不奇跡世界はお散歩日和」は、6月13日の更新から、プレイヤーによる「異世界創造」が可能になった。また、このアップデートでは他キャラクターとパーティを組んで行動する機能や、NPCと勝負するミニゲーム「ダイスショット」といった機能も追加になり、このアップデートは「不奇跡世界はお散歩日和Lv2」と呼称されている。6月20日には全体的なレイアウトも一新された(v2.1.0)。

続きを読む

新作ゲーム「琳彩楼で一服」がサイト公開

新しい定期更新型ネットゲーム「琳彩楼で一服」のウェブサイトが公開された。琳彩楼の読みは「りんさいろう」。剣と魔法のファンタジー世界観で、舞台となる街の名前が琳彩楼だ。本サイトは「定期更新型ロールプレイコミニュケーター」と書かれており、キャラクター間のメッセージでの交流がメインに据えられており、加えて2週間に1回の定期更新型ゲームの要素があるという。

6月5日からキャラクター登録開始とチャット機能の開放、6月第3週の週末頃に
試遊会の第1回更新が予定されている。試遊会は6更新程度を予定。